子供の身長と成長ホルモン

子供の身長と成長ホルモンとの関係

人間の体内には100種類を超えるホルモンが分泌されおり、それぞれ違った役割を持っています。中でも脳下垂体から分泌される成長ホルモンは、身体の組織の成長を促し代謝コントロールの役割を担っており、栄養や運動とともに子供の成長には欠かせない要素です。

 

では、成長ホルモンによっ て身長が伸びる仕組みはどのようになっているのでしょうか。

 

骨の先端には軟骨細胞で構成された骨端線という組織があります。成長ホルモンが脳下垂体から分泌され、血液によって肝臓まで運ばれるとソマトメジンCという成長因子が作られます。

 

このソマトメジンCが骨端線に働きかけると、骨端線を構成する軟骨細胞が増殖して層のように重なって厚みを増し ていきます。こうして骨が伸びることで身長も伸びていくのです。さらに成長ホルモンには骨を支える筋肉を成長させる働きもあります。

 

成長ホルモンは、眠りについてからの2時間の、最も深い眠りについている時に大量に分泌されます。しかし、眠りが浅かったり睡眠時間が短いと分泌されにくくなってしまいます。さらに栄養バランスや運動不足も成長ホルモンの分泌を阻害する要因となってしまいます。

 

そのため、成長ホルモンを十分に分泌させて身長を伸ばすためには、良質で十分な睡眠とバランスのとれた食生活、そして適度な運動が欠かせないのです。

 

また、成長ホルモンが何らかの原因で分泌されなくなってしまう症例があります。この場合は身長が伸びずに低身長症と診断されることがあります。成長ホルモンの分泌不全による低身長症の症状は、注射による成長ホルモンの投与で治療が可能です。

 

お子様の身長が平均に比べて著しく低い場合、また身長の伸び率が平均に比べて著しく低い場合には成長ホルモンの分泌に異常がある可能性もあるので、一度医師に相談してみることをおすすめします。

 

10代の内は最も身長が大きく伸びる時期です。しかしこの時期に成長ホルモンの分泌が十分でないと、しっかりと身長を伸ばすことができません。お子様の身長を伸ばしてあげるためにも、規則正しい生活とバランスのとれた食生活を送ることができるよう、ご両親がしっかりとサポートしてあげてく ださい。

 

寝る子は育つ!子供の身長と睡眠の関係

昔から「寝る子は育つ」とよく言われてきました。これ、単なる迷信だと思っている人も多いのではないでしょうか?しかし実際に睡眠と身長の伸びには大きな関係があるのです。

 

睡眠は、心と体を休ませて1日の疲れを取るためのものです。しかし子供にとって睡眠とはそれだけでなく、身体の成長のためにも必要なものなので す。

 

身長を伸ばすためには骨の成長を促進させる必要があります。骨を成長させるためには骨を形成している組織を増殖させる必要があります。ここで重要な役割を果たすのが成長ホルモンです。成長ホルモンは骨を形成する組織に働きかけ、骨を作り出すための栄養素を積極的に摂取するよう促します。これによって、骨の成長が活性化するのです。

 

成長ホルモンが最も大量に分泌されるのが、眠っている時なのです。特に眠りに入ってから2時間までの、最も深く眠っている時に、最も成長ホルモンの分泌が盛んになります。眠りが浅くなると成長ホルモンは十分に分泌されず、骨を成長させることができません。だからこそ、子供には良質な睡眠を とらせることが大切なのです。

 

良質な睡眠とは、ただ睡眠時間が長いということだけではありません。たとえ10時間以上眠っていたとしても、身体を十分に休めることができないような浅い眠りでは成長ホルモンの分泌量も少なくなってしまいます。

 

また、遅く寝て遅く起きるのは、早く寝て早く起きた場合と比べて成長ホルモンの分泌量が少なくなります。成長ホルモンをしっかりと分泌させるには、早めに床に就き、たっぷりとぐっすり眠ることが大切なのです。

 

深い眠りを得るためには、睡眠前に心と体をリラックスさせることが大切です。眠る直前に食事をとると、胃腸が働いているために身体をしっかりと休めることができません。また寝る直前までゲームやテレビ鑑賞をしていると、脳が興奮状態なのでやはりしっかりと休むことができません。

 

布団やシーツが汚れていたり、濡れていたりすると身体がかゆくなったり不快感を覚えて眠りに集中することができません。寝る前は音楽鑑賞や読書、入浴などで 心身ともにリラックスし、清潔な布団やシーツを使用するようにしましょう。

 

子供の身長は朝と夜とで違う?

今年小学校に入学した娘は、赤ちゃんのころから身体が小さめで、幼稚園に入ってからも同じ年の子供たちと比べると身長が低く、成長に異常があるのではないかとずっと心配していました。

 

毎日毎日、1日に何度も身長を図っては成長曲線と比較したりしていましたが、そのうち朝と夜とでは身長に違いがあることに気付きました。始めは気のせいかと思っていたのですが、必ず差が出ているので気のせいではなさそうです。たった数時間経過しただけで身長が変わるなんてことがあるんでしょうか?

 

朝と夜とで身長は違うの?

実は、朝と夜とでは本当に身長が変わるのです。どれぐらい変わるのかというと、1cmから2cmほどの差が出るといわれています。子供の身長でいえば、これは結構な差です。ただし、夜になって伸びていればいいのですが実際には夜の方が縮んでしまうのです。その理由は椎間板にあります。

 

人間の背骨には、骨と骨との間にクッションの役割をする椎間板という組織が挟まっています。この椎間板、朝の内はピーンと張っているのですが、日中は立ったり座ったりしていることによって上半身の重みに圧迫され、どんどん縮んでいきます。椎間板が縮んだ分だけ、身長も低くなってしまうのです。寝ている間は椎間板に重みがかからないため、また椎間板が張りを取り戻して朝になると身長が戻っている、というカラクリになります。

 

できるだけ身長を高く見せるには?

身体測定のときなどは、出来るだけ身長を高く見せたいですよね。そのためには、充分に睡眠をとり、午前中に身長を測れば最も高い数字を出すことができるでしょう。

 

ただし、午後になると身長が縮んでしまうので注意しましょう。また、身体測定の前日に整体などで身体の歪みを改善するのも、身長を伸ばす効果あがります。歪んでいるからだを本来の形に整えるだけで、2cm近くも身長が伸びるといわれています。整体に通った後も、普段の姿勢や座り方を意識するだけで伸びた身長を維持することができるでしょう。

 

今まで1日に2回も身長を測ったこと無いよ、という方も、一度測ってその違いを確かめてみてはいかがでしょうか?

 

ネスカフェドルチェグストおすすめ